タイトル
六角形(ヘキサゴン)を繋いでみましょう。
今回は中央に1周ですが、応用して大きく何周も繋いだり、たくさん種類を作って繋ぎ合わせたり
また、全て違う生地でヘキサゴンを作って繋いでも楽しいです。
バリエーションも豊富ですし、生地を「見せる」パターンとしては最適です。
ボーダー
イメージ イメージ今回は中央1つを花芯とみたてて
  お花の花びらのように1周する
  簡単なパターンを作ってみます。


Pinksのキットレシピの型紙(実寸)は縫い代を
含みません。
型紙に写す時は線通りに写して、線に沿って
カットします。

本などのレシピを写す時は、縫い代を含む場合も
ありますが、その場合は記載されているはずですので
良く読んでから製作下さい。

イメージ イメージ生地に線を写してカットします。

レシピと同じサイズの型紙1枚を用意し
必用枚数を縫い代を付けてカットします。
イメージ

柄の出し方などを決めながら
出来上がりの状態に並べてみます。

1,2,3の順に横に繋いで行きます。

イメージ イメージ印から印まで(ラインを超えないように)
  一針返して縫います。
イメージ


それぞれ横に繋ぎます。

もっと何周ものヘキサゴンを繋ぐ場合は
繋ぐ枚数が多いだけで、同様に縫います。

イメージ


1段目と2段目と3段目をそれぞれジグザクに
繋ぎます。
「chapter1. Step4 はめこみ」と同じように
1辺ずつ待針を打ち、針をくぐらせて(糸を切らない)
縫います



矢印の辺を中表に合わせます。

イメージ


印から印まで縫います。

イメージ


一針返します。

イメージ

次の辺に待針を打ちます。

針と糸はそのままです。

イメージ
今糸が出ている針目と同ところ、または
そのすぐ近くに針を入れて次の辺の印に
さします。
イメージ


それぞれの段が繋がるとこのように完成です。

イメージ
イメージ縫い代の倒し方
縫い代の倒し方は色々あります。


*風車のように倒す

3つの縫い代が重なる部分を開いて
周囲を交互に倒す方法

この場合は縫い代を開いた<割る>部分の
中央に隙間ができて、穴が開いたように
見える場合がありますので
倒すには楽ですが、仕上がりが綺麗でない場合が
あります。
イメージ


*中央のみ縫い代を開いて
周囲を回すように倒す



特に決まりはありませんので、お好みの
縫い代の倒し方を見つけて下さいね。

ボーダー
イメージ イメージ生地に線を写してカットします。

ペーパーライナーと言って
ひとつひとつの六角形を少し厚めの紙
(ハガキ程度の厚みがベスト)にくるみ
しつけをかけて、それぞれを中表に
巻きかがって繋ぎます。

手間ですが、仕上がりはとても正確で綺麗です。

こちらは、また Capter3の「巻きかがり」で
ご説明させて頂きます。
今はこんなに便利なお助けアイテムも売られてます。

ボーダー
イメージ イメージグランドマザーズフラワーガーデン
  (おばあちゃんの花園)

アンティークキルトなどにも多く見られる
古くからのパターンのひとつです。

六角形をたくさんつないで大きなタペストリーや
ベッドカバーなども作れます。

大きく繋いで行く場合は、このように1セットずつ
作って、その後に組み合わせて繋いで行くと
作りやすいです。

イメージ

ブルーの部分は、お花畑をつなぐ「こみち」の
イメージになります。

イメージ
これは、「こみち」のないフラワーガーデンです。
なし 前のテキストに戻る なし テキストのトップページに戻る なし 次のテキストに進む なし

カテゴリー

土日は発送業務を行っておりません

2018年5月
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
※大阪店舗の営業日はこちら でご確認ください

モバイルショップ