タイトル
お花の形やサークルをアップリケしましょう。
針先で形を作りながらまつっていく方法と、厚紙などで形を整えてからまつっていく方法の
2種類をご説明します。 (オリジナルキット「デイジーマット」のデイジーをアップリケします。)
ボーダー
イメージ イメージまずは針先で形を作りながらまつる方法です。


生地の表側に作りたい形のラインを書きます。

イメージ イメージ急カーブやへこみのある部分に切り込みを入れます

ラインの1mmほど上まででストップします。
あまり切り込みをギリギリまで入れると
ほつれてしまう可能性があります。
イメージ


スティックのりで仮止めします。

のりがない場合は待ち針を数箇所打って
ずれないようにとめます。

イメージ  
イメージ イメージアップリケ開始です。

ラインの際を指で押さえて、針先で
印通りに折ります
イメージ


玉止めが外に出ないように、アップリケする生地の
内側からスタートします。



折った山になった部分に針を出します。

イメージ


ベースの生地に垂直に針を入れ 最初に針を入れた場所より少し先の山に また針を出します。

イメージ


押さえる指を少しずつ進めながら、針先で
印に折、これを繰り返します。

イメージ


山に入れるのが難しい場合は、折ったところより
1mmほど内側でも構いません。。

イメージ
切込みを入れた少し手前まで繰り返し
ベースの裏側を通って次の花びらに進みます。
イメージ


最初はカーブが難しいかもしれませんが
針先で折ることと、指を少しずつ進めることが
慣れてきます。

イメージ
イメージ花芯をアップリケします。

綺麗なマルの場合は、上の方法よりも
ぐし縫いをして、厚紙をあて、アイロンで押さえた
状態のものをまつる方が綺麗に仕上がります。


この場合は生地の裏側に印を付けます。
イメージ


少し細かく、ラインの外側2〜3mmのところを
ぐし縫いします。

玉止めして、最後は10cm位少し長めに
糸を残しておきます。

イメージ


出来上がりと同じサイズの厚紙を用意して
生地の上に置き、糸を引っ張りながら
形を作ります。

このままアイロンを掛けて、厚紙を抜き取ります。

糸はそのままでOKです。

これを先にアップリケしたお花の中央に
同様にまつります。

ボーダー
イメージ イメージ針先で折りながらまつるのが
  どうしても苦手!な場合は・・・


生地の裏側にラインを書きます。

イメージ


5mm〜7mm縫い代を付けてカットします。

イメージ


生地の裏側にラインを書きます。

イメージ


へこみ部分に切り込みを入れます。

イメージ


厚紙でお花の出来上がりと同じ型紙を作り
花びらごとに、ぐし縫いした糸を引っ張り
形を整えて、アイロンで押さえます。

イメージ


少し手間ですが、カーブは綺麗に
仕上がります。

イメージ

しっかりアイロンで押さえて厚紙を抜き取ります。

イメージ

仮止めします。

イメージ

のりがない場合は待ち針で押さえます。

イメージ


この状態からは、先ほどと同様に
折った山に向かって針を出して、まつります。

イメージ

 

イメージ

花芯を同様にまつって完成です。

ボーダー
イメージ イメージヘキサゴンのように直線をアップリケする場合


あらかじめ、アイロンで折り目をつけておきます。

イメージ


のり、または待ち針でとめて、折り目の山に向かって
針を入れて垂直にベースの生地に針をおろします。

まつり方はカーブと同様です。

イメージ


やはり、山の際を指で押さえながら
押さえた指を少しずつ進め、針先で
印に折、これを繰り返します。

イメージ  
イメージ


角の部分にも針を入れます。

イメージ
直線は比較的スムーズに完成します!
なし 前のテキストに戻る なし テキストのトップページに戻る なし 次のテキストに進む なし

カテゴリー

土日は発送業務を行っておりません

2018年2月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728
2018年3月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
※大阪店舗の営業日はこちら でご確認ください

モバイルショップ