タイトル
バッグやポーチの内側の縫い代のしまつに、「裏布でくるむ」という方法があります
ボーダー
イメージ


たとえば、ポーチやバッグなど2つの面を 中表で縫い合わせる場合
裏布の片側の縫い代を2〜3cmほど多めに カットしておきます

イメージ
中表にあわせ、縫いたい箇所を縫います
イメージ


片方のみ縫い代が多めですので
この縫い代を2回折って全ての縫い代をくるみます

イメージ


待ち針でしっかり固定し
表布に糸が出ないよう注意してすくいながら
たてまつりで縫います

イメージ
このように、縫い代を多くとっていなかった面の裏布にくっつきます




最初から片方の縫い代を多く取りましたが
両面の縫い代をあらかじめ多くとり
あとから片側の縫い代(裏布のみ)を残して
その他は短くカットする方法でも大丈夫です
ボーダー
イメージ イメージパッチワークでは端のしまつを 裏布でくるむ方法が多く登場します

バッグの内側の周囲などに良く使われます
イメージ  
なし 前のテキストに戻る なし テキストのトップページに戻る なし 次のテキストに進む なし

カテゴリー

土日は発送業務を行っておりません

2018年2月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728
2018年3月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
※大阪店舗の営業日はこちら でご確認ください

モバイルショップ